平成5年度旧司法試験憲法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

憲法 - 憲法 - 統治機構 - 司法 - 司法権と裁判所
憲法 - 憲法 - 基本的人権の保障 - 表現の自由

問題文すべてを印刷する印刷する

 次の各事例における裁判所の措置について、「裁判公開の原則」との関係で生じる憲法上の問題点を挙げて論ぜよ。

(一) 映画の上映がわいせつ図画陳列罪に当たるものとして、映画製作者が起訴され、当該映画の芸術性・わいせつ性を巡って争われた刑事訴訟において、裁判所が、わいせつ物の疑いのあるものを一般傍聴人の目にさらすのは適当でないという理由で、公判手続の傍聴を禁止した場合
(二) ある企業が、その保有する営業秘密を不正に取得し使用しようとする者に対し、右不正行為の差止を求めた民事訴訟において、裁判所が、審理を公開すると営業秘密が公に知られるおそれがあるという理由で、口頭弁論の傍聴を禁止した場合
(三) 右の(二)の訴訟において、裁判所が、口頭弁論の傍聴は禁止しなかったものの、傍聴人がメモを取ることを禁止した場合