平成5年度旧司法試験憲法第1問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

憲法 - 憲法 - 基本的人権の保障 - 法の下の平等
憲法 - 憲法 - 基本的人権の保障 - 職業選択の自由
憲法 - 憲法 - 基本的人権の保障 - 参政権
憲法 - コアカリ外 - コアカリ外 - 地方自治

問題文すべてを印刷する印刷する

 都道府県知事の長期在職は、地方自治の固定化ないし沈滞を招き、地方自治の発展を阻害するとして、知事の連続四選禁止の規定を公職選挙法に設けたと仮定する。そのような立候補の資格制限は、憲法第14条、第15条第1項、第22条第1項、第92条に違反するかどうか、論ぜよ。