平成14年旧司法試験刑事訴訟法第1問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

刑事訴訟法 - 刑事訴訟法 - 捜査 - 捜索・押収 - 令状による捜索・差押え - 実体的要件
刑事訴訟法 - 刑事訴訟法 - 捜査 - 捜索・押収 - 令状による捜索・差押え - 捜索・差押えの実施
刑事訴訟法 - 刑事訴訟法 - 捜査 - 捜索・押収 - 令状による捜索・差押え - 捜索・差押えの範囲

問題文すべてを印刷する印刷する

 甲がラップに包んだ大麻樹脂の塊を飲み込んで体内に隠匿している疑いがあるため,捜査機関は,甲の腹部をレントゲン撮影の上,体内に大麻樹脂の塊らしいものが確認できた段階で,甲に下剤を用いて,大麻樹脂の塊を早期に体外に排出させ,これを押収しようと考えた。

 このような捜査を行うには令状が必要か。必要であるとすれば,どのような令状によるべきか。

出題趣旨印刷する

 捜査機関が,人の体内に嚥下された法禁物を発見・収集・保全するための捜査活動を行おうとする場合に,令状が必要かどうか,必要であるとすればいかなる令状によるのが適切であるかを問うことにより,令状主義及び強制処分法定主義の意義,任意捜査と強制捜査の区別,各種令状の性質,本件事案において必要となる令状の種類などについて,基本的な知識の有無と具体的事案に対する応用力を試すものである。