司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成15年旧司法試験刑法第1問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

刑法 - 刑法総論 - 総則 - 犯罪の積極的成立要件 - 因果関係
刑法 - 刑法総論 - 総則 - 犯罪の積極的成立要件 - 故意
刑法 - 刑法総論 - 総則 - 共犯 - 共同正犯
刑法 - 刑法各論 - 各則(個人的法益に対する罪) - 生命・身体に対する罪 - 殺人罪

問題文すべてを印刷する印刷する

 甲は,自宅で,知人Aと口論になり,激高してとっさに殺害することを決意し,部屋にあったクリスタルガラスの花瓶でAの後頭部を力任せに殴打した。Aは,頭蓋骨を骨折する重傷を負い,その場にこん倒した。甲は,ぐったりとして動かなくなったAの様子を見て,Aが死亡したものと考えた。その直後,友人乙が甲方を訪ねてきたので,甲は,事情を説明し,Aの死体を山中に埋めることに力を貸してもらいたいと頼み,乙もこれを承諾した。そこで,甲及び乙は,甲の自動車の後部座席にAを運び入れ,甲が運転し,乙がAの横に座り,山中に向かった。その途中,Aが一度身動きをしたことから,乙は,Aが生きていることに気付いたものの,日ごろからAを快く思っていなかったので,このまま生き埋めにして殺してやろうと考え,甲にはAが生きていることを伝えなかった。そして,山中で,甲及び乙は,一緒に穴を掘り,その中にAを投げ込み,土を掛けて埋めたため,Aは,窒息して死亡した。

 甲及び乙の罪責を論ぜよ。

出題趣旨印刷する

 本問は,当初の殺害行為によっては相手方を死亡させるに至らなかったものの,死亡したものと誤信し,他の者と一緒に行ったその後の行為によって実際に殺害の結果が実現したという事例を素材として,因果関係の存否・錯誤等についての理解を問うとともに,その場合の殺人既遂の成否及び後の行為に殺意を持って関与した者の罪責並びに両者の共犯関係について,首尾一貫した論理的思考力を問うことを意図している。