司法試験・予備試験 対策するならBEXA

平成16年旧司法試験刑法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

刑法 - 刑法総論 - 総則 - 共犯 - 総説
刑法 - 刑法総論 - 総則 - 共犯 - 共同正犯
刑法 - 刑法各論 - 各則(個人的法益に対する罪) - 財産に対する罪 - 詐欺罪
刑法 - 刑法各論 - 各則(個人的法益に対する罪) - 財産に対する罪 - 横領罪

問題文すべてを印刷する印刷する

 甲は,Aとの間で,自己の所有する自己名義の土地を1000万円でAに売却する旨の契約を締結し,Aから代金全額を受け取った。ところが,甲は,Aに対する所有権移転登記手続前に,Bからその土地を1100万円で買い受けたい旨の申入れを受けたことから気が変わり,Bに売却してBに対する所有権移転登記手続をすることとし,Bとの間で,Aに対する売却の事実を告げずに申入れどおりの売買契約を締結し,Bから代金全額を受け取った。しかし,甲A間の売買の事実を知ったBは,甲に対し,所有権移転登記手続前に,甲との売買契約の解除を申し入れ,甲は,これに応じて,Bに対し,受け取った1100万円を返還した。その後,甲は,C銀行から,その土地に抵当権を設定して200万円の融資を受け,その旨の登記手続をし,さらに,これまでの上記事情を知る乙との間で,その土地を800万円で乙に売却する旨の契約を締結し,乙に対する所有権移転登記手続をした。

 甲及び乙の罪責を論ぜよ。

出題趣旨印刷する

 本問は,土地の二重売買,その後の抵当権設定及び更なる売却に関わる事例を素材として,売主及び情を知って買い受けた者の罪責を問うものである。ここでは,横領罪,詐欺罪等の成立要件の理解,横領後の横領に関する的確な考察が重視されるとともに,事例を法的に分析して論理的に首尾一貫した論述を行うことが求められる。