平成19年旧司法試験憲法第1問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

憲法 - 憲法 - 基本的人権の保障 - 基本的人権の享有主体

問題文すべてを印刷する印刷する

 A市では,条例で,市職員の採用に当たり,日本国籍を有することを要件としている。この条例の憲法上の問題点について,市議会議員の選挙権が,法律で,日本国籍を有する者に限定されていることと対比しつつ,論ぜよ。

出題趣旨印刷する

 本問は,外国人の公務就任権及び地方議会議員の選挙権について,外国人の人権享有主体性,それぞれの権利の性質,国民主権原理と地方自治との関係などを踏まえて論理的に記述することができるかどうかを問うものである。