平成21年旧司法試験憲法第2問

  解けた  解けなかったお気に入り 戻る 

憲法 - 憲法 - 統治機構 - 国会

問題文すべてを印刷する印刷する

国会議員であるとともに弁護士でもあるAは,派遣労働者の権利利益を拡充する内容の法律案に関して開催された地方公聴会において,この法律案の必要性を訴える中で,「この法律案に反対している経営者団体の幹部Bは,労働者を搾取することしか考えておらず,自分が担当している訴訟においてもBが違法に労働者を働かせていることを立証済みである。」旨の発言をしたほか,この発言を自己が開設したホームページに掲載した。Bは,Aの発言やホームページへの掲載により名誉を毀損されたとして,国とAを相手取り損害賠償を求めて提訴するとともに,Aが所属する弁護士会に対してその懲戒の請求をした。この事例に含まれる憲法上の問題点について論ぜよ。

出題趣旨印刷する

 本問は,憲法第51条が定める国会議員の免責特権について,その趣旨を踏まえつつ,免責の対象となる行為の範囲や免責の効果,国家賠償請求の形での救済の可否等について検討し,当該事案への適用を論理的に記述することができるかどうかを問うものである。