司法試験・予備試験 対策するならBEXA

行政書士試験合格者が司法書士試験に2年計画で合格する必勝法!

1.一年目は憲法、民法、商法・会社法を徹底対策しよう! 午前の部でライバルに差をつけろ!

 午後の部の科目と比べて、午前の部の憲法、民法、商法・会社法は、一つの判例や条文についてだけでなく、複数の判例や条文の関係性を問われるような問題が出題されています。木村先生によれば、司法書士試験では午前の部で差がつきやすいと言いいます。
 行政書士試験で培った憲法、民法、商・会社法知識をベースに、条文の定義・趣旨・効果を帰納的に理解して、どんな問われ方をしても対応できるブレない知識を身に着けましょう!

2.解く→深める→復習のサイクルでブレない知識を

 問題演習はとにかく過去問!
 差が付くのは、間違えた問題をどう直すかで、六法を使って、条文の定義・趣旨・効果を帰納的に理解していくのが大切です。しかし、これが大変で短期合格者と中々、合格できない人の差がつくと言われています。
 そこで、木村先生に必勝法を聞きました!

3.木村先生直伝! 1年目から合格が狙える!? 今日から2か年計画で司法書士試験に合格するための勉強法!

会員登録すると続きが読めます!
BEXAの会員登録は完全無料! 講座も体験できます!

メールアドレス
ご希望のパスワード

あなたが目指す試験は?

 
 

利用規約及びプライバシーポリシーにご同意ください。