司法試験・予備試験 対策するならBEXA

4s答練について

TAC時代に行っていた答練は販売予定がないのでしょうか?中村先生は復習の重要性に鑑みて復習道場を実施していましたが、復習の成果を試す機会として答練は最適と思いますが。
2019年1月9日
カテゴリで選ぶ - 論文対策
回答希望講師:中村充
回答:1   役に立った:0

ベストアンサー ファーストアンサー
中村充の回答

今年は、販売予定がありません。
司法試験系合格の見地から、答練よりも優先順位が高いといえる『4S基礎講座』と過去問系の講義を完成させるだけでもパンクしそうな状況なので…

将来的には、何らかの答練(できれば予備試験・司法試験の過去問答練)を企画したいと思ってはいます。
それまでは、時間を計って自力で書いた答案につき、『4S基礎講座』(https://bexa.jp/courses/view/205)の「フォロー制度」②のカウンセリングで、答案指導を受けていただくといった手があります。

なお、答練だとどうしても、答案やその点数・添削という解答“結果”に目が行ってしまい、解答“プロセス”についての反省・改善が難しいと感じています。また、そもそも可処分時間の少ない方は、答練のペースについてくること自体が厳しいようにも見えました。
そこで、解答“プロセス”についての反省・改善に特化した『4A基礎講座 復習道場』をTACで昨年から実施していますが、『4A基礎講座』等の受講生は無料で受けられるのに、やはり可処分時間の少ない方には負担になるためか、あまりご利用いただけていないようです。

これらの反省から、“本体”である『4S基礎講座』自体の教育効果をさらに高めるしかないと考えるようになり、BEXAの技術協力を得て、さらなるフロンティアに挑戦中です!

2019年1月11日