登録者全員無料!科目別出題ランキング

  • Google+でシェア
    0

【予備試験】6科目出題ランキング(憲法・行政法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法)の概要

講義回数

0

講義時間

約0時間

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
PDFテキストのみ

【司法試験】2科目出題ランキング(憲法・刑法)の概要

講義回数

0

講義時間

約0時間

配信状況

全講義配信中

科目・学習レベル
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 司法試験
 試験で選ぶ - 法律系資格 - 予備試験
PDFテキストのみ

ご購入プラン

プランを選択してください。

講座について

伊藤たけるBEXAがそれぞれ独自の手法で短答科目別ランキング問題を提供!

 2016年・2017年司法試験では、過去の司法試験での出題回数に基づき出題されやすい判例をランキングしました。その結果、司法試験本試験短答式に出題された判例は12個、予備試験短答式に出題された判例は10個にのぼります。

 この高い的中率により、受験生からたくさんの役に立ったとの声をいただきました。

 

2018年度は司法試験過去問の中から要チェック問題を抽出!直前期限定で無料公開!!

憲法(伊藤たける先生担当)

 コアカリキュラムと司法試験過去問を照らした出題頻度分野別ランキングを伊藤先生が独自に集計!第1位~第4位までランキング付しました!

 さらに、司法試験過去問から第1位~第4位の分野ごとに正答率が平均を下回っている問題・肢をピックアップしました!

 伊藤先生のランキングは毎年高い的中率を誇っており、直前のチェックで憲法短答の点数が上がること間違いなしです!
 

行政法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法(BEXA担当)

 憲法と民法※を除く5科目は、BEXAが過去問のデータベースから出題回数・平均回答率・受験生にとって効率的な出題を独自のアルゴリズムで厳選!
 ランキング上位の分野から重要問題・間違えやすい問題・肢を分野ごとに抽出しました!
 ※民法はございません。

*直前チェック用として効率的にご利用いただくため、動画や音声はございません。PDFファイルにてダウンロードいただけます。テキスト配送は行いません。
*i-phoneの仕様上、PDFを直接ダウンロードすることはできません。これは弊社の仕様ではなくAppleの仕様になります。i-phoneでPDFファイルをご覧になりたい方は、専用アプリを利用するか一度PCにダウンロードの上、i-Tunesなどを経由してi-phoneに転送しご覧ください。

 

予備試験にも生きる科目別出題ランキング!

 上記の通り、2016年・2017年のランキングでは、司法試験過去問に基づいていますが、予備試験と比較しても高い的中率を保っています。これは、司法試験と予備試験の各短答試験の出題箇所がかなり近似していることを意味します。

 現に、2016年・2017年の司法試験と予備試験では複数箇所類似の問題が出題されました

 科目別出題ランキングは、司法試験だけでなく、予備試験でも十分活用できる内容になっています!

司法試験用と予備試験用のプランをご用意

【司法試験】2科目出題ランキング(憲法・刑法)プラン
 ⇒憲法と刑法がご覧いただけます。

【予備試験】6科目出題ランキング(憲法・行政法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法)
 ⇒憲法・行政法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法がご覧いただけます。
※憲法と刑法はいずれのプランでも同一のものになります。

 

その他にも無料講義を配信中です!

 無料公開中 

 

カリキュラム

  • 【予備試験】6科目出題ランキング(憲法・行政法・商法・民事訴訟法・刑法・刑事訴訟法) プランのカリキュラム

    講義時間: 約0時間
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    カリキュラムはありません。

  • 【司法試験】2科目出題ランキング(憲法・刑法) プランのカリキュラム

    講義時間: 約0時間
    配信状況: 全講義配信中
    このプランを申し込む

    カリキュラムはありません。

この講座を買った人はこの講座も買いました

民法を一人の講師で網羅的に学べる
久保田康介
¥15,800
民法を一人の講師で網羅的に学べる
久保田康介
¥14,800

講師紹介

弁護士(富山県弁護士会)・関西大学法科大学院非常勤講師、慶大院修了・法務博士(専門職)。
季刊刑事弁護第14回新人賞・最優秀賞
1986年10月2日生まれ。
NHK教育テレビ「真剣10代しゃべり場」への出演をきっかけに憲法と出会う。
司法試験合格後は、弁護士業務のほか、インターネットを中心に法学教育を行い、東洋経済オンラインにインタビューが掲載されるなど、活動の場を広げている。
詳しく見る